診療内容

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とはどのような病気ですか?

慢性閉塞性肺疾患(COPD)はタバコ病と言われており原因の多くが喫煙です。

タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入することにより気管支に炎症が起こり肺胞は破壊されます。喫煙開始年齢が若く1日の喫煙本数が多いほどCOPDになりやすく進行も早いと言われております。肺気腫もCOPDの中に含まれます。
タバコ煙で気管支や肺にダメージが加わり肺機能の低下により咳、タン、坂道や階段での息切れ、呼吸困難等の症状が出てきます。
COPDはありふれた病気ですが広く知られておらず、COPDであることに気づいていないまたは診断されていないために適切な治療が受けられていない方も多いといわれております。

COPDの症状とは

40歳以上の喫煙歴のある方で以下の症状がある場合はCOPDの可能性があります。まずはご相談下さい。

こんな症状ありませんか?

  • 階段の上り下りで息切れがする。
  • 咳やたんが出る。
  • 風邪が治りにくく咳やたんが出る。
  • 喘鳴がある。呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューがある。

COPDの検査と診断について

COPDの診断にはまずCOPDを疑うことが大切になります。
COPDの診断は肺機能検査(スパイロメーター)を行うことが必要条件となります。
当院では肺機能検査や呼吸抵抗を検査することによりCOPDの診断を行います。

COPDの治療について

COPDの治療は気管支拡張薬という吸入を行うことが基本です。患者さまの病状に合った吸入薬を選択していきます。
治療開始後は自覚症状の変化や肺機能検査の経過をみていきながら治療法が適切であるか判断していきます。
すべてのCOPD患者さまに禁煙が必要であり現在も喫煙している患者さまには禁煙指導も行います。
重度のCOPD患者さまで体の酸素不足を起こしてきた場合は在宅酸素療法を導入することにより不足した酸素を補い活動的に生活ができるようにします。